Mnemonic

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
属性構文
mnemonic = "char";


機能
  • タイルのキーボード ショートカット キー(ニモニック文字)を指定する。
  • ショートカット キーは、タイルのラベルに下線で示される。
  • 指定できる値は 1 個の文字からなるクォーテーションで囲まれた文字列(既定はない)。
  • 文字は、タイルのラベルに含まれているいずれかの文字にしなければならない。
  • 文字は、ダイアログ ボックス内で重複してもかまわない。複数のタイルが同じショートカット キーを持っている場合、ユーザはそのキーを押し、タイルを順次循環できる。


ユーザの側から見れば、ショートカット キーは大文字と小文字は区別されない。たとえば、a または A のどちらを入力しても、[A]ボタンにフォーカスが設定される。
DCL ファイルでは、ショートカット キーはタイルの label に含まれる文字であるとともに、ラベル文字列に大文字で表記されているときは、指定するショートカット キーも大文字にしなくてはならない。
ショートカット キーを押すと、フォーカスが移る。ユーザがクラスタやリスト ボックスなど、複数の項目からなるグループを含むタイルのショートカット キーを押すと、フォーカスはタブ停止位置であるタイル内の最初の項目に移る。
is_tab_stop 属性に false が指定されている場合を除き、アクティブ タイルは必ずタブ停止位置である。
  • 注: label 属性でショートカット キーを指定することもできる。

関連事項