Millisecs

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
  • タイプ: 整数
  • 保存先: 保存されない
  • 初期値: 不定


システムを起動してからのミリ秒単位の経過時間を表す数値が格納される。

millisecs に格納されているミリ秒単位の数値は、Windows API の GetTickCount 関数が返す数値と同じ。システムを再起動すると、GetTickCount 関数が返すミリ秒単位の数値は 0 にリセットされる。

経過時間は、millisecs が返す数値の差によって求めることができる。秒単位の数値は、millisecs を 1000 で割ることによって求めることができる。

AutoCAD ベースの製品(LT除く)では、以下のように AutoLISP を使用して、millisecs が返す値から秒単位の数値を計算することができる。

(setq ms (getvar "MILLISECS"))
(setq seconds (/ ms 1000.0))


注: AutoCAD 2017 から、システム変数 CDATE および DATE が返す時刻はミリ秒なしの精度に変更された。 その為、1 秒未満の時間差を計算する必要がある場合は、millisecs を使用する必要がある。



関連事項