Java script

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

ちょっと離れると忘れちゃうんでmemo

コメントの書き方

1 //  // 以降がコメント
2 
3 /*
4 複数行にまたがった
5 コメント
6 */

変数の宣言

 1 // 変数の宣言
 2 var message = "Hello World, Again!"; // 文字列
 3 var d1 = -5.5;                       // 数値
 4 var d2 = false;                      // 真偽
 5 var d3 = undefined;                  // 定義されていない
 6 var d4 = null;                       // 何もない
 7                                       // 配列、オブジェクト
 8 
 9 // アラート表示
10 alert(message);
11 
12 // 単項演算子 ++ --
13 var x = 0;
14 var y = x++;
15 alert(y);

真・偽

1  // true / false 真偽
2  if (x == 5) { // }
3 
4  // 文字列 : 空文字だとfalse
5  // 数値 : 0かNaNだとfalse
6  // undefined = false
7  // null = false
8  // true/false = そのまま
9  // object/配列 = true

論理演算子

 1  // 論理演算子 AND(&&) OR(||) NOT(!)
 2  if ((x > 2) && (x < 5)) {
 3      // x が2より小さい "か" 5より小さい ならなんらかの処理
 4  }
 5 
 6  if ((x > 2) || !(x < 5)) {
 7      // x が2より小さい "または" 5より小さくない ならなんらかの処理
 8  }
 9 
10  if !(x < 5) {
11      // x が 5より"小さくければ"なんらかの処理
12  }
13 
14  // switch
15  var x = 0;
16  switch (x) {
17    case 0:
18    case 1:
19           // 0 1 は同じ処理
20           break;
21    case 2:
22           //
23           break;
24    default:
25           //
26           break;
27  }
28 
29  // ループ(while)
30  while (x < 10) {
31     // なにかの処理。条件に合わなかったら実行されない
32  }
33         
34  do {
35     // なにかの処理。一度は実行される。
36  } while (x < 10);

三項演算子

 1 // if 文の省略記法
 2 // 三項演算子
 3 // (条件) ? (真だった場合の値) : (偽だった場合の値)
 4 if( a>b )
 5   a=b;
 6 else
 7   a=c;
 8 
 9 // 上のif文の省略記法。
10 (a>b)? a=b : a=c ;
11 
12 // 例
13 var sex = '';
14 if (sex == '男性') {
15     price = 5000;
16 } else {
17     price = 3000;
18 }
19 
20 // 三項演算子にすると
21 price = (sex == '男性') ? 5000 : 3000;
22 
23 // 三項演算子は式なので
24 var arr = ["○","×"];
25 var exist = true;
26 document.write( arr[exist?0:1] );

タイムアウト

 1  // setTimeout: 前回の処理が終わったかどうかを考慮する
 2  // setInterval: 考慮しない
 3 
 4  //setInterval(function() {
 5      // 1秒以上の処理 → クラッシュ
 6  //}, 1000);
 7 
 8  var i = 0;
 9  /*
10     setInterval(function() {
11       console.log(++i);
12     }, 1000);
13  */
14 
15  function plusOne() {
16     console.log(++i);
17     setTimeout(plusOne, 1000);
18  }
19  plusOne();

型も値の比較

 1  // 厳密な比較演算子 ===  !== は型変換しないで比較、
 2  // ==  != は型変換して比較
 3 
 4  var a = 5;
 5  var b = "5";
 6  console.log(a !== b);
 7 
 8  // 数値とブール値
 9  alert(1 == true);// true
10  alert(0 == false);// true
11  alert(1 === true);// false
12  alert(0 === false);// false
13 
14  // 数値と文字列
15  var a = 10;
16  var b = "10";
17  alert(a == b);// true
18  alert(a === b);// false
19 
20  // オブジェクト
21  var a = [1,2,3];
22  var b = a;
23  alert(a == b);// true 
24  alert(a == [1,2,3]);// false
25 
26  // 文字列と String オブジェクト
27  var a = "abc";
28  var b = new String("abc");
29  alert(a == b);// true
30  alert(a === b);// false

即時関数・無名関数

1  // 即時関数、無名関数
2  (function() {
3     console.log("hello world");
4  })();

乱数

1  // 乱数
2  // Math.random()
3  // 0からnまでの整数値
4  // var x = Math.floor(Math.random() * (n+1));
5 
6  // 1から6まで
7  var y = Math.floor(Math.random() * 6) + 1;