BRX

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

BRX は BricsCAD で使用できる C/C++言語の API。BRXは "BricsCAD Runtime eXtension "の略。 BricsCAD の動作する OS に対応しているので、(非対応部分もあるが) Linux や Mac でも使える! BRX は、AutoCAD の ObjectARX とソースコードレベルの互換性を持っていて、同じソースコード・ファイルを使用して、個別のCADプラットフォームをターゲットとしたバイナリ・モジュールを構築することができる。 ARX のバージョン追従性はまちまち(よく使われているもの(要望が上がってくるもの)から対応されている感じなので、未対応のものがあったら積極的に要望を出すと良い)。


サポートされる機能

BRX APIでサポートされる機能と性能の主なリスト。(完全なリストは、オフィシャルのドキュメントを参照)

  • コア機能。AcRx, AcAp, AcCm, AcDb, AcEd, AcGe, AcGi, AcGs, AcUt, Adsを含むコア機能。
  • 複数ドキュメントのインターフェース。AcApDocument、AcApDocumentIterator、AcApDocManager
  • リアクター。AcApDocManagerReactor、AcDbDatabaseReactor、AcEditorReactor
  • カスタムオブジェクトとエンティティ: AcDbObject, AcDbEntity, その他から派生したクラス。
  • オーバールール AcRxOverruleとその子孫。
  • トランザクション。AcDbTransactionManager、AcTransactionManager
  • 入力点処理。AcEdInputPointManager、AcEdInputPointMonitor
  • ジグ AcEdJig
  • MFCベースのユーザー・インターフェース拡張。AcUiおよびAdUi (Windowsのみ)
  • プロトコル拡張
  • C++から呼び出し可能なCOMタイプ・ライブラリとインタフェース。
  • 「文書化されていないが、よく使われているARX関数:acdbSetDbmod, acedPostCommand, acedEvaluateLisp, ads_queueexpr, getCurrentPlotStyleName, GetListOfPlotStyles。
  • コマンドとオブジェクト・イネーブラのためのレジストリ・ベースのデマンド・ローディング
  • オブジェクトプロパティパレット(OPM)
  • B-modeler、A-modelerと互換性のあるコード
  • 陰線処理(HLR) API
  • 境界表現(BREP) API
  • 画像処理(ATIL) API
  • プロットAPI(AcPl)
  • マネージド・ラッパークラス(.NET API)
  • BRX固有のAPI:診断、3d制約、土木、BIM、ドッキングパネルなど


BRX SDK

BRX SDKは、以下のもので構成されている。

  • コード互換性のあるC++ヘッダ一式
  • リンクに必要な.libファイル
  • ドキュメント(リファレンスガイド、ポーティングマニュアル)
  • サンプルアプリケーション
  • BRX SDKはBricsCADと一緒にインストールされないので別途入手する必要がある。デベロッパー登録(無料)するとデベロッパー用のページから入手できる。 >> [1]


memo.

  • BricsCAD では .NET も使えるが、BRX SDK 不要。マネージド.NET APIを使用するプラグインは、BricsCADと一緒にインストールされた希望のマネージドアセンブリを参照するだけで良い。
    • BrxMgd.dll(必須)
    • TD_Mgd.dll (必須)
    • TD_MgdBrep.dll (オプション)
    • TD_MgdDbConstraints.dll (オプション)