製品の判別

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoCADとAutoCAD互換CADのバージョンの判別

AutoCAD のバージョンは CAD のシステム変数 "acadver" や "_vernum" にて判別することが出来る。
IntelliCAD のバージョンは CAD のシステム変数 "icadver" や "_vernum" にて判別することが出来る。
IJCAD 2014 以降のバージョンは CAD のシステム変数 "gcadver" や "_vernum" にて判別することが出来る。
例
icadver
"6.4"

vernum
"6-901.30"

製品の判別

製品の判別は、 CAD のシステム変数 "product" の値から判別することが出来る。

各製品のシステム変数値

製品名 Product値 ACADVER ICADVER GCADVER
IJCAD 2017 "IJCAD" "19.0s (LMS Tech)" - "R17.0" "R17.1" "R17.2"
IJCAD 2016 "IJCAD" "19.0s (LMS Tech)" - "R16.0"
IJCAD 2015 "IJCAD" "19.0s (LMS Tech)" - "R15.0"
IJCAD 2014 "IJCAD" "19.0s (LMS Tech)" - "R13.0"
IJCAD 2013 "IJCAD" "18.0s (LMS Tech)" "6.0" -
IJCAD 8 "IntelliCAD" "18.0i" "6.0" -
IJCADX "IJCADX" "17.1i" "10.0" -
IJCAD 7 "IJCAD 7" "17.1i" "7" -
IJCAD 6.4 "IJCAD 6" "17.1i" "6.4" -
AutoCAD 2018 "AutoCAD" "22.0s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2017 "AutoCAD" "21.0s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2016 "AutoCAD" "20.1s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2015 "AutoCAD" "20.0s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2014 "AutoCAD" "19.1s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2013 "AutoCAD" "19.0s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2012 "AutoCAD" "18.2s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2011 "AutoCAD" "18.1s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2010 "AutoCAD" "18.0s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2009 "AutoCAD" "17.2s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2008 "AutoCAD" "17.1s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2007 "AutoCAD" "17.0s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2006 "AutoCAD" "16.2s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2005 "AutoCAD" "16.1s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2004 "AutoCAD" "16.0s (LMS Tech)" - -
AutoCAD 2002 "AutoCAD" "15.06" or "15.06s" - -
AutoCAD 2000i "AutoCAD" "15.05" or"15.05h" - -
AutoCAD 2000 "AutoCAD" "15.0s (LMS Tech)" - -
BricsCAD V17 "Bricscad" "20.1 BricsCAD" - -
BricsCAD V16 "Bricscad" "20.0 BricsCAD" - -
BricsCAD V15 "Bricscad" "19.1 BricsCAD" - -
BricsCAD V14 "Bricscad" "19.0 BricsCAD" - -

AutoCAD で acadver の数値の後に続く文字は、

  • s = ソフトウェアロック
  • s (LMS Tech) = ソフトウェアロック(ライセンス マネジメント システム テクノロジー)
  • h = ハードウェアロック

という意味だと思われる。


IntelliCAD でacadver の数値の後に続く文字 i は IntelliCAD やでっていう意味だと思われる。

IJCAD のグレードの判別方法

  • IJCAD のグレードについては、判別するためのユニークなシステム変数はないため、CADのレジストリ値やライセンスナンバーの値、ウィンドウタイトルなどから類推して割り出さなければならない。
  • LT と STD/PRO の区別は、VL関数の有無で判断できる。
 ex. (atoms-family 1 '("vlax-get-Acad-Object")) -> nil = LT

関連事項