文字列(GZ-LIB)

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

GizmoLib の文字列操作関数は、次の通り。

関 数 説 明
(gz:getcliptext) クリップボードの文字列を取得する。
(gz:lisped s) 1行の文字入力ダイアログを表示して入力された文字を返す s は規定値
(gz:slist->string lst) 文字列のリストを一つの文字列にまとめて返す。(日本語対応)
(gz:strpos ) 文字列内の部分(検索)文字位置を返す。無かったときは「nil」
(gz:mbstrpos ) 文字列内の部分(検索)文字位置を返す。無かったときは「nil」 (strpos の日本語対応版)
(gz:mbstring-elt ) 文字列内の指定された位置の文字を ASCII で返す。(vl-string-eltの日本語対応版)
(gz:mbstring->slist s) 文字列を一文字にばらしたリストでを返す。(日本語対応)
(gz:sendclip x) クリップボードに文字列、または文字列のリストをコピー
(gz:split-string ) 文字列をセパレータ文字で分割したリストにする。
(gz:string-tie ) 文字列のリストを指定されたセパレータ文字で結合した文字列にする。
(gz:stringp s) s が文字列かどうかを返す。
(gz:strtrim s) 文字列の先頭と末尾の空白(全角スペース含む)を除去する。
(gz:strtrimright s) 文字列の末尾の空白(全角スペース含む)を除去する。
(gz:strtrimleft s) 文字列の先頭の空白(全角スペース含む)を除去する。
(gz:ttflist) PC の TrueTypeフォントをリストで返す。
(gz:weekday) 現在の曜日を返す。
(gz:weekday2 date) 引数 date(yyyymmdd)の曜日を返す。