メニューカスタマイズ

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoCAD や 互換CAD のメニューカスタマイズメモ

  • AutoCAD :AutoCAD 2006 以降は CUI コマンドでCAD 上でカスタマイズ、それ以前はテキスト形式のメニュー(.mnu)ファイルを直接作成・編集する形態。
  • IJCAD : IJCAD 2013以降は、 CUI コマンドでCAD 上でカスタマイズ、8 以前は テキスト形式のメニュー(.mnu)ファイルを直接作成・編集する形態。
  • BricsCAD : IJCAD V14 以降は、 CUI コマンドでCAD 上でカスタマイズ、V13 以前は テキスト形式のメニュー(.mnu)ファイルを直接作成・編集する形態。(バージョンは間違ってるかも。)


アイコンのリソース DLL

AutoCAD や IJCAD では、部分メニューのアイコンをリソース DLL にまとめておいてリソース名で指定して利用することができる。 リソース化されたアイコンを使用することで、若干CADの立ち上がりが早くなるがよっぽど遅い環境でもなければ体感はできないと思う。

DLLに格納しておくアイコンのイメージは、

  • AutoCAD 2017 以降は RCDATA の PNGファイル
  • AutoCAD 2017 以前は RCDATA の ICO や BMP ファイル
  • IJCAD 2013 以降:ICON の ICO や BMP ファイル

という形でバージョンなどによって違いがあるので注意が必要。


メニューファイル

  • .mnu … メニューの書式に従って記述されたテキストのファイル。AutoCAD は 2005 まで。IJCAD は 8 まで、BricsCAD は V13まで標準のメニューファイル。
  • .cui … XML形式のテキストファイル。 AutoCAD は 2006 から 2009まで、IJCADは 2013から2014まで、BricsCAD は V14以降で標準のメニューファイル。
  • .cuix … 複数の CUI ファイルなどが ZIPアーカイブされたコンテナファイル。AutoCAD は 2010以降、IJCAD は 2015以降で標準のメニューファイル。