Vlax-create-object

提供: GizmoLabs
2009年11月23日 (月) 15:28時点におけるGizmon (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成: ; 構文 : (vlax-create-object ''prog-id'') ; 機能 : アプリケーション オブジェクトの新しいインスタンスを作成する。 : アプリケーションの…)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
構文
(vlax-create-object prog-id)


機能
アプリケーション オブジェクトの新しいインスタンスを作成する。
アプリケーションの新しいインスタンスを起動するとき、および <Component>(引数の説明を参照)で指定したタイプのオブジェクトを作成するときに、vlax-create-object 関数を使用します。現在のインスタンスを使用するには、vlax-get-objectを使用する、 しかし、アプリケーション オブジェクトがシングル インタフェース オブジェクトとして自己登録した場合、vlax-create-object 関数を何度実行しても、1 つのインスタンスしか作成できない。
引数
  • prog-id : ActiveX オブジェクトのプログラム上の識別子を含んだ文字列。prog-id の形式は、次のとおり。
<Vendor>.<Component>.<Version>
次に、例を示す。
AutoCAD.Drawing.16
戻り値
アプリケーション オブジェクト(VLA オブジェクト)。


サンプル
Excel アプリケーションのインスタンスを作成する。
(vlax-create-object "Excel.Application")
#<VLA-OBJECT _Application 0017b894>