メインメニューを開く

GizmoLabs β

TABLE

表(TABLE)のエンティティグループ コード

グループコード 概要
0 図形名(ACAD_TABLE)
5 図形ハンドル
330 オーナー ディクショナリへのソフト ポインタ ID
100 サブクラス マーカー。(AcDbEntity)
92 プロキシ図形グラフィックスのバイト数
310 プロキシ図形グラフィックス データ(複数の線。1 本の線あたり最大 256 文字)
100 サブクラス マーカー。(AcDbBlockReference)
2 ブロック名。匿名ブロックは、*T 値で始まる。
10,20,30 挿入点
100 サブクラス マーカー。(AcDbTable)
280 データのバージョン番号。0 = 2010
342 TABLESTYLE オブジェクトのハード ポインタ ID
343 所有 BLOCK レコードのハード ポインタ ID
11,21,31 水平方向ベクトル
90 テーブル値のフラグ(符号なし整数)
91 行数
92 列数
93 優先フラグ
94 罫線色の優先フラグ
95 罫線線太さの優先フラグ
96 罫線可視性の優先フラグ
141 行の高さ。この値は繰り返し使用され、1 行につき 1 つずつ指定される。
142 列の高さ。この値は繰り返し使用され、1 列につき 1 つずつ指定される。
171 セル タイプ。この値は繰り返し使用され、1 セルにつき 1 つずつ指定される。1 = 文字タイプ、2 = ブロック タイプ
172 セル フラグ値。この値は、セルごとに繰り返される。
173 結合セル値。この値はセルごとに繰り返される。
174 セルに対して自動フィット オプションが設定されるかどうかを示す真偽フラグ。この値は、セルごとに繰り返される。
175 セル罫線幅(結合セルにのみ適用)。この値は、セルごとに繰り返される。
176 セル罫線の高さ(結合セルにのみ適用)。この値はセルごとに繰り返される。
91 セル優先フラグ。この値は、セルごとに繰り返される。(AutoCAD 2007 以降)。
178 仮想エッジのフラグ値
145 回転値(実数、ブロックタイプおよび文字タイプのセルに適用)
344 FIELD オブジェクトのハード ポインタ ID。文字タイプ セルにのみ適用します。セル内の文字に 1 つ以上のフィールドがある場合は、FIELD オブジェクトの ID のみが保存される。テキスト文字列(グループ コード 1 と 3)は無視される。
1 文字のチャンクに分割される。チャンクは 1 つまたは複数のコード 2 コードに現れます。コード 2 コードが使用される場合、最後のグル-ー|プはコード 1 で、250 文字未満の文字列を持ちます。この値は文字タイプのセルにのみ適用され、セルごとに値 1 が繰り返される。
2 セル内のテキスト文字列(250 文字のチャンクにまとめられます)、省略可能。この値は文字タイプのセルにのみ適用され、セルごとに値 1 が繰り返される。
340 ブロック テーブル レコードのハードポインタ ID。この値は、ブロックタイプのセルにのみ適用され、セルごとに値 1 が繰り返される。
144 ブロック尺度(実数)。この値は、ブロックタイプのセルにのみ適用し、セルごとに値 1 が繰り返される。
179 ブロック テーブル レコード内の属性定義の数(ブロックタイプのセルにのみ適用)
331 ブロック テーブル レコード内の属性定義のソフト ポインタ ID。グループ コード 179 によって参照される(ブロック タイプのセルにのみ適用)。この値は、属性定義ごとに繰り返される。
300 属性定義のテキスト文字列値。この値は属性ごとに繰り返され、ブロック タイプのセルにのみ適用される。
7 文字スタイル名(文字列)。変更すると各セルに適用される。
140 文字高さの値。変更すると各セルに適用される。
170 セル位置合わせ値。変更すると各セルに適用される。
64 セルの内容の色の値。変更すると各セルに適用される。
63 セルの内容の背景(塗り潰し)の色の値。変更すると各セルに適用される。
69 セルの上罫線の True Color 値。 変更すると各セルに適用される。
65 セルの右罫線の True Color 値。 変更すると各セルに適用される。
66 セルの下罫線の True Color 値。 変更すると各セルに適用される。
68 セルの左罫線の True Color 値。 変更すると各セルに適用される。
279 セルの上罫線の線の太さ。 変更すると各セルに適用される。
275 セルの右罫線の線の太さ。 変更すると各セルに適用される。
276 セルの下罫線の線の太さ。 変更すると各セルに適用される。
278 セルの左罫線の線の太さ。 変更すると各セルに適用される。
283 塗り潰し色をオンにするかどうかを示す真偽フラグ。 変更すると各セルに適用される。
289 セルの上罫線の可視性を示す真偽フラグ。 変更すると各セルに適用される。
285 セルの右罫線の可視性を示す真偽フラグ。 変更すると各セルに適用される。
286 セルの下罫線の可視性を示す真偽フラグ。 変更すると各セルに適用される。
288 セルの左罫線の可視性を示す真偽フラグ。 変更すると各セルに適用される。
70 フローの方向。変更すると各表図形に適用される。
40 上下のセル余白。 変更すると各表図形に適用される。
41 左右のセル余白。 変更すると各表図形に適用される。
280 タイトルが省略されるかどうかを示すフラグ。 変更すると各表図形に適用される。
281 ヘッダ行が省略されるかどうかを示すフラグ。 変更すると各表図形に適用される。
7 文字スタイル名(文字列)。変更すると各表図形に適用される。セル タイプごとに 1 つの項目がある。
140 文字の高さ(実数)。 変更すると各表図形に適用される。セル タイプごとに 1 つの項目がある。
170 セル位置合わせ(整数)。 変更すると各表図形に適用される。セル タイプごとに 1 つの項目がある。
63 セルの背景または表の左縦罫線の色の値。 変更すると各表図形に適用される。セル タイプごとに 1 つの項目がある。
64 セルの内容または表の上横罫線の色の値。 変更すると各表図形に適用される。セル タイプごとに 1 つの項目がある。
65 内側横罫線の色の値。 変更すると各表図形に適用される。
66 下横罫線の色の値。 変更すると各表図形に適用される。
68 内側縦罫線の色の値。 変更すると各表図形に適用される。
69 右縦罫線の色の値。 変更すると各表図形に適用される。
283 背景色が有効にされるかどうかを示すフラグ(既定 = 0)。 変更すると各表図形に適用される。セル タイプごとに 1 つの項目がある。0 = 無効、1 = 有効
274-279 セルの各罫線タイプの線の太さ(既定 = kLnWtByBlock)。 変更すると各表図形に適用される。セル タイプごとに 1 つの項目がある。
284-289 セルの各罫線タイプの可視性を示すフラグ(既定 = 1)。 変更すると各表図形に適用される。セル タイプごとに 1 つのグループがある。0 = 不可視、1 = 可視
97 データ行、タイトル行、見出し行のデータ タイプ
98 データ行、タイトル行、見出し行の単位タイプ
4 データ行、タイトル行、見出し行の書式文字列
177 セル優先フラグ値 (AutoCAD 2007 より前)
92 拡張セル フラグ (AutoCAD 2007 以降)
301 セル値ブロックの開始 (AutoCAD 2007 以降)
302 セル内のテキスト文字列。文字列が 250 文字以下の場合、すべての文字がコード 302 に現れる。文字列が 250 文字を超える場合、250 文字のチャンクに分割される。チャンクは 1 つまたは複数のコード 303 コードに現れる。コード 393 コードが使用される場合、最後のグループはコード 1 で、250 文字未満の文字列を持つ。この値は文字タイプのセルにのみ適用され、セルごとに値 1 が繰り返される (AutoCAD 2007 以降)。
303 セル内のテキスト文字列 (250 文字のチャンクにまとめられる)、省略可能。この値は文字タイプのセルにのみ適用され、セルごとに値 302 が繰り返される (AutoCAD 2007 以降)。


  1. グループ コード 178 は、仮想エッジのフラグ値。仮想エッジは、グリッド線が 2 つのセルで共有されるときに使用する。たとえば、表に 1 つの行と 2 つの列があり、セル A とセル B がある場合、中央のグリッド線はセル A の右エッジ、セル B の左エッジとなる。一方のエッジが実際のエッジで、他方のエッジが仮想エッジ。実際のエッジに対する仮想エッジ点。両方のエッジの色、線の太さ、可視性などのプロパティは同じ値。