「Load dialog」の版間の差分

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
 
1行目: 1行目:
 +
{{AutoLISP}}
 
; 構文
 
; 構文
 
: (load_dialog ''dclfile'')
 
: (load_dialog ''dclfile'')
5行目: 6行目:
 
; 機能
 
; 機能
 
: DCL ファイルをロードする。検索パスに従ってファイルを検索する。この関数は、unload_dialog 関数と対で使用する。アプリケーションは、load_dialog 関数を複数回呼び出して複数の DCL ファイルをロードすることができる。
 
: DCL ファイルをロードする。検索パスに従ってファイルを検索する。この関数は、unload_dialog 関数と対で使用する。アプリケーションは、load_dialog 関数を複数回呼び出して複数の DCL ファイルをロードすることができる。
 +
  
 
; 引数
 
; 引数
 
:* dclfile : ロードする DCL ファイルを指定する文字列。dclfile 引数でファイル拡張子を指定しなかった場合は、.dcl とみなされる。
 
:* dclfile : ロードする DCL ファイルを指定する文字列。dclfile 引数でファイル拡張子を指定しなかった場合は、.dcl とみなされる。
 +
  
 
; 戻り値
 
; 戻り値
 
: 正常に終了した場合は正の整数値(dcl_id)。ファイルを開くことができなかった場合は負の整数。dcl_id は、以降の new_dialog 関数や unload_dialog 関数の呼び出しでハンドルとして使用される。
 
: 正常に終了した場合は正の整数値(dcl_id)。ファイルを開くことができなかった場合は負の整数。dcl_id は、以降の new_dialog 関数や unload_dialog 関数の呼び出しでハンドルとして使用される。
 +
 +
  
  

2015年9月15日 (火) 06:54時点における最新版

構文
(load_dialog dclfile)


機能
DCL ファイルをロードする。検索パスに従ってファイルを検索する。この関数は、unload_dialog 関数と対で使用する。アプリケーションは、load_dialog 関数を複数回呼び出して複数の DCL ファイルをロードすることができる。


引数
  • dclfile : ロードする DCL ファイルを指定する文字列。dclfile 引数でファイル拡張子を指定しなかった場合は、.dcl とみなされる。


戻り値
正常に終了した場合は正の整数値(dcl_id)。ファイルを開くことができなかった場合は負の整数。dcl_id は、以降の new_dialog 関数や unload_dialog 関数の呼び出しでハンドルとして使用される。




関連事項