LISPデータタイプ(リスト)

提供: GizmoLabs
2018年5月7日 (月) 06:50時点におけるGizmon (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

AutoLISP のリストは、関連する一連の値をスペースで区切り、括弧で囲んだもの。 リストは、複数の関連する値を格納するときに利用される。例えば 3D 点は 3 つの実数のリストで表されている。


正しいリストの例

(1.0 1.0 0.0)
("this" "that" "the other")
(1 "ONE")