Gz:sstake

提供: GizmoLabs
2019年4月23日 (火) 17:54時点におけるGizmon (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{GZLIB}} ; 構文 : (sstake ''ss'' ''num'') ; 機能 : 選択セット ss のうち、最初から n 個分の選択セットを返す。 ; 引数 :* ss : 選択セ…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
構文
(sstake ss num)


機能
選択セット ss のうち、最初から n 個分の選択セットを返す。


引数
  • ss : 選択セット
  • num : 選択セットに含める図形数の値(0 以上)


戻り値
n 個分の図形を含んだ選択セット
  • 選択セット ss に含まれる図形数より、n の値が大きい場合、
サンプル
(setq x (gz:sstake (ssget) 100))
オブジェクトを選択: もう一方のコーナーを指定: 認識された数: 160
オブジェクトを選択:
<Selection set: d9>
(sslength x)
100

関連事項