Foreach

提供: GizmoLabs - だいたい CAD LISP なサイト
2009年10月21日 (水) 11:11時点におけるGizmon (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
構文
(foreach name list [expr...])
機能
リストのすべてのメンバーに対して式を評価する。
foreach 関数は、リスト内を順に調べその各要素を変数に割り当てながら、リスト内のすべての要素に対してそれぞれの式を評価する。指定できる式の数に制限はない。
引数
  • name : リスト内の各要素を割り当てる変数。
  • list : 順に調べて評価するリスト。
  • expr : list の各要素に対して評価する式。
戻り値
最後に評価された expr の結果。 expr 引数を省略した場合は、nil を返す。


サンプル
リスト内の各要素を表示する。
コマンド: (foreach n '(a b c) (print n))
A
B
C C
---
foreach 関数はリスト内の各要素を表示し、最後の要素である C を返す。このコマンドは次のコマンド シーケンスと同じだが、foreach 関数は最後に評価した式の結果のみを返すという点が異なる。
(print a)
(print b)
(print c)